メニュー

ようこそ秩父農工科学高校へ本校の概要教育課程各科のページ部活動生徒会進路生徒募集情報年間行事予定農工チャレンジショップ小学生と高校生のふれあい体験わんぱく農業塾秩父農工科学だよりリンク各種証明書申請保護者の皆さまへアクセス専攻科定時制教育実習を希望する皆さんへサイトポリシー・各基本方針教員人事応募シート

彩の国教育の日

 

カウンタ

COUNTER1029616

連絡先

ホームページに関するお問い合わせは
下記へ

368-0005
 埼玉県秩父市大野原2000
  電話 0494(22)3017
  FAX 0494(21)1040

ホームページの内容
に関するMAILは
こちら

 

生徒募集情報

平成30年度の「学校説明会」「体験入学」などの開催日はこちらでご確認ください。
多くの中学生にお申し込みをいただきありがとうございました。
全学科、定員に達し「体験入学」の受付を終了しました。
今後は別日程にて個別に校内見学等で対応いたします。事前にご連絡ください。
 

日誌

秩父農工科学日誌
12345
2018/08/13

【電気システム科】おもちゃなおし隊 大盛況でした

| by:学校管理者
 電気システム科では、11日(土)、12日(日)の2日間、番場通りにある「農工チャレンジショップ」において、「おもちゃなおし隊」を実施しました。
 初めての試みでしたので、果たしてお客様がいらっしゃるかどうか不安でいっぱいでした。
 いざ、店を開けてみると、幼稚園、保育園、小学校に配布したチラシを見てやってきましたという子どもたちと保護者の方で店内がいっぱいになるほど大盛況でした。
 とても気に入っていたのに動かなくなってしまったおもちゃ。電気システム科の3年生7人が額に汗しながら懸命に原因を探ったり、修理をするそばで、真剣にみつめる子どもたちのまなざし。7人の生徒は、何としても直して返してあげようと必死で取り組んでいました。
 2日間で「チャレンジショップ」を訪れたお客様は約50組。修理をさせていただいたおもちゃは約100点。部品がなくなってしまったりで修理できなかったおもちゃもありましたが、ほとんどのおもちゃが再び動くようになりました。子どもたちの嬉しそうな笑顔に、やってよかったと参加した生徒全員が満足感を得ることができた2日間でした。


13:37
2018/08/09

【フードデザイン科】-小学生と高校生のふれあい体験-

| by:フードデザイン科

 フードデザイン科では88日、「小学生と高校生のふれあい体験」を開催しました。
21名の小学生と保護者の方にご参加いただき、「ステンドグラスクッキー」を高校生と一緒に作りました。
        
 はじめは小学生も高校生もお互いに緊張気味でしたが、作業をしているうちに楽しそうな会話が聞こえてきました。

好きな抜き型でクッキーを作り、飴玉を入れてオーブンで温めると・・・
        

オリジナリティあふれる「ステンドグラスクッキー」の完成です。ラッピングしてお持ち帰りいただきました。

    
【小学生のご感想】

 「作り方を教わったので、家でもやってみたいと思いました」「クッキーを作るのは初めてだったけど高校生が優しく、丁寧に教えてくれたのでとっても楽しく作ることができました」「きれいにかわいくできてよかったです」

【保護者のご感想】

 「楽しく参加させていただきました。高校生のみなさんがとても親しみやすく、子どもたちも緊張せずできた様です。」「飴を使うことに親子でビックリしました。家に帰ってもう一度子どもと一緒に作ってみようと思います」「普段あまり調理をしないのでとても良い経験になりました」

【高校生の感想】

 「卒業後の進路についてなど、保護者の方も積極的に話しかけてくださった。」「小学生に教えるのは言葉を考えながらだったので少し大変でしたが、とても楽しかったです。」「小学生と一緒にクッキーを作るのはいつもの授業と違うところがあって楽しかった。とても良い体験だった。」

 高校生にとっても大変貴重な経験となりました。小学生と保護者の皆様、ありがとうございました。               


08:48
2018/08/08

【電気システム科】おもちゃなおし隊

| by:電気システム科
 8月11日(土)・12日(日)の2日間、電気システム科3年生課題研究家電エンジニア班がおもちゃなおし隊を実施します。場所は番場通り農工チャレンジショップです。詳細はPDFデータを御覧ください。一生懸命おもちゃをなおしますので、お立ち寄りください。
おもちゃなおし隊ポスター.pdf
15:37 | 連絡事項
2018/08/07

【電気システム科】第10回全国鉄道模型展コンテスト参加

| by:電気システム科

8月4日(土)・5日(日)の2日間、東京ビックサイトにおいて「鉄道模型コンテスト2018」が開催され、電気システム科課題研究鉄道班が参加しました。鉄道模型コンテストは高校生や各種団体の製作発表を中心とした参加・体験形のイベントで、「創造する楽しみ」を通じて、交流の輪が広がる、鉄道模型を楽しむための夏の祭典です。10回全国高等学校鉄道模型コンテスト」では、144校から多種多様な鉄道模型のジオラマが集結。今年度のコンセプトはリニューアルされた「西武秩父駅」を製作しました。

当日会場でご覧いただけなかった方に朗報。8月18日・19日武蔵浦和コミュニティーセンターにおいて「埼玉学生鉄道模型展in武蔵浦和」が開催され、コンテストに出展した県内のジオラマをつなげて電車が走ります。ご興味がありましたらぜひ足をお運びください。
  
 


09:57 | 今日の秩父農工科学
2018/08/02

【食品化学科】マドレーヌとジャムでふれあい体験

| by:食品化学
 平成30年7月27日金曜日、本校食品化学科棟に小学生11名とその保護者が来校して、生徒25名とマドレーヌづくりとジャムづくりを通して、「ふれあい体験」をしました。最初はお互いに緊張していたようですが、時間が経つに従って、小学生と高校生が各製造工程で言葉を交わしながら交流を深めていきました。
 持ち帰ったマドレーヌといちごジャムの味はどうだったでしょうか。買ったものと自分で作ったものの違いを感じてくれれば幸いです。

 <小学生の感想から>
 マドレーヌは、はじめてつくったけど、高校生のお兄さんがやさしくおしえてくれたので、上手にできてよかったです。ジャム作りも、ジャムをまぜたり、ビンにいれられてよかった。家にかえったら、はやく食べてみたいです。楽しく参加できてよかったです。

 <保護者の感想から>
 男の子の参加ということで、不安がありましたが、本人も楽しんでくれた様でよかったです。意外にも、教えてくださる高校生が男の子が多くて驚きました。しっかり教えて頂いてありがとうございました。

 <高校生の感想から>
 普段ではあまり小学生とお菓子を作ることはないので、お話をしながら楽しく実習ができました。小学生にとっては泡立て器を使うのも大変で、早く混ぜないといけないけどそれができない。だけど手伝ったら自分で作ったという実感が薄れ、ダメだったのかなと考えてしまうかもしれない、と悩みながらの実習でした。

材料を混ぜて シェル型に流し込む
              材料を混ぜて                                          シェル型に流し込む

ジャムの説明中 ジャムびんに流し込む
              ジャム製造の説明中                                 ジャムびんに流し込む
14:45
12345

新着情報

 

9年連続就職内定率100%を達成

 

農工チャレンジショップ

秩父農工科学高校では、秩父市と共同で番場町商店街に自校で生産した野菜、食品加工品、金工品等を販売する店舗(農工チャレンジショップ)を開店しました。
ショップの場所は
こちら